View Cart
ソリューション画像



◆◆金針水晶BLOG◆◆




使用する道具は、カール用とストレート用のヘアーアイロンです。
180℃以下のアイロンを使用して下さいね。


カール01
(1)
まず、耐熱ウィッグのカールスタイルを
ストレートにしてみましょう。
乾燥を防ぐ為に、軽くミストを吹いておきます。


 
カール02
(2)
ストレートスタイルにする簡単な方法として、
ストレートアイロンをかけます。
ある程度熱くなったアイロンで挟み
引っ張る様にのばします。


 
カール03
(3)
数回上から下にカールを挟んで
アイロンをすべらせれば出来上がり♪
やけどしない用に注意して下さいね。


 
カール04
(4)
両方のテールをストレートにしてみたら、こんな感じに。
乾かすのが手間でなければ、湧かしたお湯の中に入れてもストレートになります。


 
カール05
(5)
さて、今度は耐熱ウィッグのカールの付け方です。
ストレートより、カールの方が少しだけコツがいります。

今ストレートにしたウィッグにカールを付けてみましょう。
まず、ある程度熱くなったカーラーアイロンで
くるくると髪の毛を巻きます。


 
カール06
(6)
巻いたらすぐに、電源をオフにします。
耐熱ウィッグの髪の毛は、冷えた瞬間に形を
記憶します。
完全に冷めなくても、少しぬるくなったくらいでも
形付きます。


 
カール07
(7)
形がくずれない様に指の方にカールを
ゆっくりそ〜っと、ずらします。
何個もカールがある場合、電源を切らなくても
指にゆっくりずらす時点で形付くのでOKです。


 
カール08
(8)
10秒もあったらカールは付きます。
ぐりんぐりんのカールにしたい場合はそのままに。


 
カール09
(9)
ゆるカールにしたい場合は
←写真の様に、まだ暖かいうちに
カールを少し引っ張ります。


 
カール10
(10)
こんな感じになりました♪
応用して色々なカールスタイルを楽しんで下さいね。
慣れれば色々とたのしめます(^▽^)


<ポイント>
●耐熱ウィッグの素質上、熱が冷めた瞬間に形付きます。
なので、カーラーでも熱いうちにアイロンからはずしてしまったら
髪の毛はストレートになります。
つまり、裏を返せばストレートアイロンがなくてもカーラーアイロンがあれば、
ほぼストレートヘアに出来たりします(笑)

●ホットカーラー、ドライヤーでもOKです。

※こちらで説明したのは耐熱ウィッグのみのスタイリング方法です。※
※非耐熱ウィッグは対応していません※